トップページコラム>IPBを活用して!

コラム詳細

IPBを活用して!

3月の雪に驚いたかと思えば、あっという間にポカポカ陽気になりました。
お花屋さんにも道端の植え込みにも、いつの間にか春の花があふれ、にぎやかです。
街中が華やぐこの季節、IPBは、一年で一番の緊張感に包まれます。

それは・・・ご存じのとおり、今日3月15日は確定申告の期限だからです。

IPBの業務はクライアントの皆様の大切な事業をサポートすることなので、
一年を通じて緊張した瞬間が多いのですが、この季節はまた特別で
「IPBも会計事務所なんだなぁ」と思う瞬間です。

毎年この時期には、「もっともっとIPBを活用していただきたいなぁ」と感じるシーンが
多くあります。

個人の確定申告の方々は、会計事務所とかコンサル会社というとちょっと敷居を高く
感じてしまうのか、遠慮して大事な情報を伝え忘れたり、「自分でできるかも」と
誤算してギリギリになって慌てて駆け込んだり、相続や土地取引などの大きな出来事
があったにも関わらず放置して失敗したり…と、法人のクライアント様とはまた違った
緊急事態が起こります。

申告期限までの時間があれば解決できることも多くありますし、また自分では思いも
つかないような申告のポイントもあります。事業をされている方であれば、日頃のお金
の使い方や、保存しておくべき書類などについてもアドバイスできることがあります。

余裕をもって相談していただけると、より多くのお手伝いが可能になりますので、
日頃から気軽にIPBに声をかけてください。

あらためてご紹介しますと、「IPB」は、3つの歯車で成り立っているグループです。
日常的にクライアントの相談窓口として活躍する「IPB」を中心に、確定申告などの
役所対応の窓口となる「アーク綜合事務所」、そして社長様とその従業員の心と身体
の健康をサポートする「福利厚生」が互いの業務を補完しあっています。(詳しくはこちら

この3社が同じ場所で同じクライアントを見つめているのが、IPBの強みです。
 
「個人の確定申告だから」と3月まで遠慮していたらもったいない!
一年を通じて、もっともっとIPBを活用してください。
 

ISCグループ グループリーダー 福田 彩

アーカイブ