トップページコラム>総務・人事労務 NEWS-Vol.6

コラム詳細

総務・人事労務 NEWS-Vol.6

早いもので今年も5月も半ばを過ぎました。
ゴールデンウィーク明けから雨の日が多く、今年の梅雨入りはいつ頃かしら、
とお考えの方も少なくないことでしょう。

気象庁の発表によると沖縄・奄美地方では昨年よりも6日早い、4月30日頃に
梅雨入りを観測しています。
全国的に昨年より6日程早い梅雨入りとの予想。気づけばもう1ヶ月を切っています。
雨の日だからこそ、明るい色のレインコートやレインシューズを準備してみては
いかがでしょうか。


====================================
今号のトピックス一覧
====================================
【労働保険・社会保険関係】
]働保険料・算定基礎届の季節が到来

【助成金関係】
〆匈乙濬法適用地域等の雇用調整助成金の拡大
====================================


【今号のトピックス・労働保険・社会保険関係 

◆さて今年も「労働保険料の申告・納付」そして「算定基礎届の提出」の時期が
近づいてまいりました。

労働保険料の申告・納付に関しては65歳に達した日以後に新たに雇われる方は、
原則として雇用保険の対象になりません。
今年は対象外になる方等この他にもモレや記入ミスがないよう注意の上、正しく
申告しましょう。

どちらも年に1度の手続きです。期間内にスムーズにモレなく手続きを行うため
には早めに準備にとりかかることが大切です。


◎労働保険料の申告・納付
労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間の保険料を計算し、
それを申告・納付するものです。

申告・納付期間 ; 6月1日(水)〜7月11日(月)
申告書用紙は、5月下旬に労働局より事業主様宛に郵送されます。


◎算定基礎届(定時決定)
社会保険(健康保険・厚生年金保険)の保険料の改定を行うために毎年1回
届出を義務づけられている手続です。

提出期間;7月1日(金)〜7月11日(月)
提出先は、「協会けんぽ」または「ご加入の健康保険組合」になります。

届出用紙について
※協会けんぽにご加入の事業者様→6月中旬までに事業所様宛に郵送されます。
※組合管掌健康保険の事業所様→6月に発送する5月分保険料の納入告知書に、
「算定基礎届総括表」および「総括表附表」が同封されます。


【今号のトピックス・助成金関係 

◆災害救助法適用地域等の雇用調整助成金の拡大

対象事業所は下記 銑のいずれかに該当される事業所について特例が
設けられました。

〆匈乙濬法適用地域(東京都を除く)に所在する事業所
↓,涼楼茲醗貭蟲模以上の経済的関係(1/3以上)を有する事業所
△了業所と一定規模以上の経済的関係(1/2以上)を有する事業所

新たに設けられた特例は下記の通りです。
 ※支給日数の別枠(300日)を設ける。 
 ※被保険者期間6ヶ月未満の人も雇用調整助成金の対象とする。


【厚生労働省HP】
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/joseikin_kakuju.pdf


*ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
03-3580-8711  岡下まで

アーカイブ