トップページコラム>総務・人事労務 NEWS-Vol.17

コラム詳細

総務・人事労務 NEWS-Vol.17

さて4月も早いもので、半月が経ちました。
新年度が始まり、身の回りに変化がおとずれ、生活パターンが大きく変わった方も多いかと思います。
また特に変わらないという方も、できていなかったことや、これからやりたいことなど、
気持ちを切り替えて始めるのにもとてもいいタイミングですね。

また4月というと、様々な法改正が行われる時期でもあります。
人事・労務のご担当者様はご注意ください。


====================================
今号のトピックス一覧
====================================

【労働保険・社会保険関係】
(神24年4月1日から育児・介護休業給付金の支給要件の取扱いが変更
∋童手当拠出金の料率が変更になります。
====================================

【今号のトピックス・労働保険・社会保険関係 
◆平成24年4月1日から育児・介護休業給付金の支給要件の取扱いが変更になります。

雇用保険の育児休業給付・介護休業給付を受ける際には、1ヶ月に20日の休業日数が必要となっていました。
この要件が下記の通りに変更になっております。

全日休業している場合は影響はありませんが、引継ぎ等で、育児・介護休業中でも、
就業日が発生した場合には改正内容にご注意下さい。


【変更前】
支給単位期間に、育児・介護休業による全日休業日が20日以上であること

【変更後】
支給単位期間に、就業していると認められる日数が10日以下であること


※詳細は下記HPをご確認ください。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/var/rev0/0036/5589/ikujikaigohennkou.pdf


【今号のトピックス・労働保険・社会保険関係◆
◆児童手当拠出金の料率が変更になります。

 平成24年4月度より、従来の「子ども手当」が「児童手当」へ
 名称が変わりました。
 児童手当法の一部を改正する法律により、児童手当拠出金率も
 4月分(5月末納付分)より下記の通り変更されます。


 旧 0.13% →→→  新 0.15%


※今回の引き上げは、平成19年度以来5年振りになります。
※児童拠出金は全額、事業主に対してかかるものです。
 
 
 
*ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
03-3580-8711  岡下まで

アーカイブ