トップページコラム>総務・人事労務 NEWS-Vol.24

コラム詳細

総務・人事労務 NEWS-Vol.24

今度の金曜日は「勤労感謝の日」です。

あれ、月曜日ではないのか?と疑問に思い、内閣府のHPで調べてみたところ、
ハッピーマンデーの対象になっていませんでした。

ハッピーマンデーの対象の日 ⇒ 成人の日・海の日・敬老の日・体育の日
ハッピーマンデーの対象外   ⇒ みどりの日・憲法記念日・文化の日・天皇誕生日

全てが対象になっているものとばかり思っておりました・・・
ハッピーマンデーは廃止の動きもあり、その理由として、祝日には定めた意味がある
のに、その意味を知らない国民が多くなったことが上げられています。
かくいう私もその1人になってしまい、再度内閣府のHPで確認!

国民の祝日に関する法律にある勤労感謝の日の意味は、

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」

会社の上司や同僚はもちろんのこと、勤労感謝の日にこそ父や母に感謝の
気持ちを込めて、何か贈ってみようかな、そう考えている次第です。

みなさんは、この日をどうお過ごしになりますか?


====================================
今号のトピックス一覧
====================================

【労働保険・社会保険関係】
]働契約締結時の労働条件の明示 〜労働基準法施行規則が改正されました〜

【助成金関係】
|羮企業庁が行っている海外展開支援に関して

====================================

【今号のトピックス・労働保険・社会保険関係 
◆労働契約締結時の労働条件の明示 〜労働基準法施行規則が改正されました〜

有期労働契約の継続・終了について予測可能性と納得性を高め、紛争の防止に
つなげるため、労働基準法施行規則第5条が改正され、労働契約締結時に、
契約期間とともに「期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準」も書面の
交付によって明示しなくてはならなくなりました。
上記の改正は平成25年4月1日からの施行となっておりますが、早めの対応をお勧め
します。

【詳細は下記 厚生労働省HPをご確認下さい】
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/meiji/index.html


【今号のトピックス・助成金関係 
◆中小企業庁が行っている海外展開支援に関して

中小企業庁では、中小企業が海外展開に関する支援施策を利用する際の手引書
となるよう、海外展開の進捗状況に合わせて段階別に支援施策を紹介している
施策集を公開しています。
興味のある方は下記 中小企業庁のHPをご確認ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kokusai/2012/download/1116KTSesaku.pdf

【中小企業海外展開支援施策集に関するお問い合わせ先】
  中小企業庁 経営支援部 新事業促進課
  電話:03-3501-1767(直通)



*ご不明な点は03-3580-8711岡下まで お気軽にお問い合わせください。
 

アーカイブ