トップページコラム>7月の業務カレンダー

コラム詳細

7月の業務カレンダー

去年のこのコラム欄でマイナポイントのことを書きました。
その後、コロナ禍で期限が延長され、2021年4月末までにマイナンバーカード
申請をした方については、マイナポイントを申し込み、2021年9月末までに
チャージまたはお買い物をすることで上限5,000円分のポイントを受け取る
ことができることになりました。
マイナンバーカードを持っていてマイナポイントを申し込んでいない方は
未だ間に合いますので、利用されてみてはいかがでしょうか。
総務省のマイナポイントのサイトはこちらをクリックしてください。

さて、7月に入ると算定基礎届の提出、労働保険料の申告・納付期限、今年の
1月〜6月の納期特例分の源泉所得税の納付、個人事業主の予定納税など、
前半に手続が集中します。それぞれ期限までの手続・納付をお忘れなく。
ご案内は先月と重複する部分もありますが重要な手続きですので以下に詳細を
お知らせします。


【税務・申告・納付】=========================

■5月決算法人
確定申告〈法人税・消費税・地方消費税・法人事業税・法人事業所税・法人住民税〉
申告期限・・・8月2日(月)

■2月・5月・8月・11月決算法人の3月ごとの期間短縮に係る確定申告
<消費税・地方消費税>
申告期限・・・8月2日(月)

■法人・個人事業者の1月ごとの期間短縮に係る確定申告
<消費税・地方消費税>
申告期限・・・8月2日(月)

■11月決算法人
中間申告〈法人税・法人事業税・法人住民税〉
申告期限・・・8月2日(月)

■11月決算法人(消費税年税額48万円超400万円以下)
中間申告〈消費税・地方消費税〉
申告期限・・・8月2日(月)

■8・11・2月決算法人【消費税年税額400万円超4,800万円以下の場合
(地方消費税を含めると500万円超6,000万円以下)】 
3月ごとの中間申告〈消費税・地方消費税〉
申告期限・・・8月2日(月)

■4・5月決算を除く法人・個人事業者【消費税年税額4,800万円を超える場合
(地方消費税を含めると6,000万円超)】
1ヶ月ごとの中間申告<消費税・地方消費税>
申告期限・・・8月2日(月)

■所得税の予定納税 第1期分
・納付期限・・・8月2日(月)
※口座振替の場合も同日に口座より引き落とし
・予定納税の減額申請
【6月30日の状況で所得税の見積額が予定納税基準額を下回る場合】
申請期限・・・7月20日(火)


【税務・納付】===−========================

■1〜6月分の源泉所得税(納期特例の場合)
納付期限・・・7月12日(月)

■6月分源泉所得税・住民税の特別徴収
納付期限・・・7月12日(月)


【社会保険】===========================

■労働保険年度更新の申告・納付時期について
令和2年度の年度更新の手続 ※今年は延長はありません
手続期間・・・6月 1日(火)から7月12日(月)
納付期限・・・7月12日(月)
口座振替による全期納付時の納付期限・・・9月6日(月)

※口座振替については口座振替の手続きをされた会社に限ります

延納(分割納付)の場合第1期(1回目)令和3年7月12日(月)まで
(口座振替は9月6日(月)まで)
第2期(2回目) 令和3年11月 1日(月)まで
(口座振替は11月15日(月)まで)
第3期(3回目) 令和4年 1月31日(月)まで
(口座振替は2月14日(月)まで)

申告書用紙は、5月末以降、労働局より会社宛に郵送されています。
今年は未着の問い合わせも多いようです。6月半ばまで待って届かない
場合は労働局に問合せをし、発送依頼をかけてください。


■算定基礎届

提出期限・・・7月1日(金)から7月12日(月)まで
管轄の日本年金機構または健康保険組合へ
届出用紙は6月上旬から6月下旬にかけて年金事務所・健康保険組合より
事業所宛に郵送される予定です。

■賞与の支払があった場合
賞与支払届・・・支払いより5日以内に日本年金機構または健康保険組合へ
届出用紙は6月上旬から6月下旬にかけて年金事務所・健康保険組合より
順次事業所宛に郵送される予定です。

尚、日本年金機構から、賞与支払届等に係る総括表の廃止と賞与不支給
報告書の新設のお知らせ
が出ています。ご確認の上、対応なさってください。


*ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
03-3580-8711 加藤

アーカイブ