トップページコラム>01 経営

コラム一覧

引き継ぎ

2ヶ月前のコラムで「経営者の責任」について、「黒字企業の社長の特徴」 という23項目を通してご紹介しました。 その中で、経営者の責任とは 「事業を継続させること」 「社員と夢を共有すること」 「絶対的な自信を裏付ける明確な根拠を持つこと」 ...

何を求めるのか?=人材への距離感=

今年に入ってから、難題続きで思うような仕事の環境を作れず、お取引先の 皆様には大変なご不便とご迷惑をおかけしておりました。 この7月からは新たな気持ちで対応を進めてまいりますので、引き続き よろしくご厚誼のほどお願いいたします。 今回は、ス...

経営者の責任

昨年から、池井戸潤氏の小説が順番にドラマ化され、経済マンガも今まで以上に 話題に上るようになったと感じています。このような中で、2014年度の「新入社員 が選んだ理想の上司」が日経新聞から公表されました。 では、この上司、を経営者、に置き換...

「スタート」

4月は年度替わりの月です。そして卒業という時期と隣り合わせの季節。 今年の4月は消費税の税率が変わって8%になり、お金の使い方も大きく 変わろうとしています。 IPBにとっても、この4月は大きな変化がありました。 この4月から新たにスタッフ...

2014年の動向

新年あけましておめでとうございます。 すでに2週間が過ぎ、新成人を祝う式典も開催されました。 新成人の皆さんには社会の一員としてしっかりとした自覚をもって活動して くれるであろうことを願ってやみません。 さて、平成26年(2014年)は日本...

「節税」のからくり 3

前回のコラムでもご紹介しましたが、今回も「節税」という言葉を ●何かと比べた結果、納める税金の金額が少なくなること ●違法性はないけれど、完全に違法でない限りやってみたいこと として、「もともと普通にやった場合と比較して払う税金が少なくなる...

「節税」のからくり

9月2日付のコラムで、 〜抜粋〜 節税という言葉を遣う場合、 ● 何かと比べた結果、納める税金の金額が少なくなること ● 違法性はないけれど、完全に違法でない限りやってみたいこと と言うことができ、「まずはまっさらで計算した税額」と比較して...

本当の節税とは

「何か節税できる方法は、ないの?」 仕事を始めてから25年の間に何度もこの言葉を耳にしました。 「節税」という表現は非常に甘美であり、この言葉をフル活用して営業している 同業者の方々もいらっしゃいます。 節税という言葉自体の定義がとてもあい...

「納税」の意識と経営上の意味

「納税」は、企業経営をされている方々にとって大きな関心事だと思います。 どの企業も、一定期間ごとに決算を行い、申告をして法人税や所得税、消費税 などを納税しています。 そのような中で、会計の分野で納税に関わる立場の私達は “こんなに税金払う...

給料見直しのポイント

年度が替わって3ヶ月、新年度も第一 四半期が過ぎて第二 四半期に入りました。 この間、給与の改定や賞与支給を行われた会社も多かったことと思います。 今回は、給料の見直しについて、特に中小企業やより小さな規模の会社でのケースに 焦点を当てた話...

新年度

この4月で当社は設立10年目を迎えました。 この10年、本当にさまざまなことがありました。 お取引をいただいた皆様はもとより、従業員、OB、そして家族の絶大な 支援があって、この10年を迎えることができました。 感謝してもしきれませんし、な...

ダイジェスト版〜平成25年度税制改正大綱

平成25年1月29日の閣議において平成25年度税制改正大綱(以下「大綱」とします) が決定しました。今回は、政権が変わってすぐということもあり、慌ただしく行われ、 選挙すぐの色合いを残した盛りだくさんの内容になっています。 すでに決まってお...

強い視点をもって計画をたてる

昨年10月に、「中小企業金融円滑化法の終了とその影響」についてお知らせしました。 http://www.ipb.jp/column/2012/10/post_145.php そこでは、いわゆる実抜計画(実現可能性の高い抜本的な経営再建計画)...

★来年から変わる★ 復興特別●●税について

平成23年3月11日に発生した東日本大震災の影響を受けて、日本国内の様々な 環境が変わりました。多くの方々が犠牲となり、未だに多くの方が闘い続けて いらっしゃいますが、徐々に徐々に復興に向けて進んでいるようです。 さて、東日本大震災からの復...

中小企業金融円滑化法の終了とその影響

すでに新聞紙上でも取り上げられてご存知の方も多いと思われますが、 中小企業金融円滑化法が来年3月いっぱいで終了することが決定しました。 現時点でも金融機関からリスケジュールや返済猶予、利払い減額などの 申し入れなどのケースが多かったのですが...

改正された税制と今後 〜各論2〜法人税法改正の影響

前回のコラムでは、平成23年度税制改正の影響として消費税法の改正について紹介を しましたが、今回は法人税法の中で扱いが変わった部分の概略をご紹介いたします。 ==================================== ● 法人...

改正された税制と今後 〜各論1〜消費税法改正の影響

前回のコラムでご紹介しました平成23年度税制改正の影響は、最近の消費税増税+ 一体改革の話で消えてしまったかのような感もありますが、実際には、いままさに改正 を受けて事が進んでおります。 その中で、消費税の扱いが変わる点について今回は詳しく...

改正された税制と今後

野田政権のもとで、消費税の増税は旗印になってきましたが、実は大きな変更は この消費増税ではなく、昨年からありました。 しかし、今回、国会で審議された消費増税の詳細をはじめ、意外と知られていない 税制改正があることに気づき、今回、整理をし、一...

「やってみる」ことの大切さ

2012年も半ばをむかえましたが、今年、IPBでは多くの新しいスタートがありました。 スタート当初は、「本当なの?」「大丈夫?」といった声もありましたが、 それでも実際に「やってみた」ところ、こんなにも多くの変化を起こすのか!と我ながら驚く...

マーケットリサーチのススメ

5月になりました。 カンボジアで仕事をさせていただくようになってから早4ヶ月。 慌ただしく時間は流れ、結果に満足できずにもどかしく感じる反面、 自分自身の成長を実感する場面も少しずつ増えてきました。 このGW、日頃からお取引いただいている飲...

おわり と はじまり

4月に入り、当社も新年度を迎えました。 3月は「卒業」ラッシュでした。 5年半在籍したスタッフの卒業と、毎年入れ替わる大学院生のアルバイトの卒業が ありました。両名とも非常によく頑張ってくれ、新しい仕事のスタイルができました。 本当に感謝し...

誌面トピックス情報 12月

今年も残すところあと2週間となり、冬もいよいよ本番に突入しました。 毎年この時期になると、様々な種類のホット飲料が発売されますが、今冬は、「ホットオレンジジュース」や「ホットビール」といったちょっと風変わりな商品が発売されています。 引き続...

冬の電力とPCの節電

12月1日、政府による冬の節電要請が始まりました。 沖縄を除く全国9電力管内が対象で、期間は来年3月末までの4ヶ月間。 東日本大震災による被害に加え、全国で定期検査を終えた原発が再稼働 できない状態が続き、電力不足が懸念されているためです。...

誌面トピックス情報 11月

今年も残すところあと2ヵ月になり、朝晩は肌寒さを感じる季節になりました。 体調を壊しやすい時期ですし、今冬は節電対策が実施される模様ですので 皆様も体調にはくれぐれもご留意下さい。 節電といえば、最近各家電メーカーによる家庭の電力供給を管理...

時間に流されない事業のすすめ

日ごろお客様とのお話の中で、よく耳にするフレーズがあります。 「来年どうなっているか・・・」 先行きに対する不透明感があるのかもしれませんし、かなり保守的に考えている のかもしれません。 では自分自身はどうなのか、というと。。。 時に、もの...

誌面トピックス情報 10月

10月に入り秋もいよいよ深まり、紅葉など行楽シーズン真っ只中です。 東京都では、復興支援の一環として、都内在住、在職、在学の方を対象に、 岩手・宮城・福島に行く際には1泊あたり3,000円の割引を開始したとのこと。 出張でも使えるそうですの...

誌面トピックス情報 9月

9月に入り、少しづつ秋めいてまいりました。 今月いっぱいでクールビズも終わり、気分も一新にスーツを新調される方も いらっしゃることと思います。 銀座三越の紳士服担当の方によると、体にあったスーツ選びとして様々な ポイントがあるそうですが、特...

財務分析の落とし穴

さまざまな環境変化に対して、企業やその委託を受けて会計事務所が 財務情報から一定の財務分析指標を説明するケースを見かけます。 今回は、中でもよく見かけるケースについて、コメントしたいと思います。 「ここがこんなに低いと良くないですよ」 「こ...

「変化」と「「進歩」

6月13日、我々アイピービーグループは、変革と海外展開を視野に、これまでも お仕事をご一緒してきたナレッジ会計事務所さんとともに、新しいオフィスに移転し、 業務をスタートいたしました。 今回の移転で我々が一番意識したのは、「変革」です。 そ...

誌面トピックス情報 4月

今年もあっという間に4月に入りました。 皆様には、新年度における様々な取組が始まったことと思います。 新年度にあたり、私の担当コラムもテーマを新たに、様々な雑誌面の トピックスを中心としたお役立ち情報を毎回ご紹介していきます。 さて、この1...

東日本大震災後の企業の対応策について

3月11日に発生しました東日本大地震で被災されました方々、お見舞い申し上げます。 新年度の法案通過の話も吹っ飛んでしまうほどの、激震でした。 また、その影響で操業に支障をきたしておられる会社の皆さん、ここが踏ん張りどころ です。大いに頑張っ...

被災地の生命保険等の取り扱いについて

この度の東日本大震災を受け、被災地で被害に遭われた方への 生命保険、損害保険の取り扱いの基本方針が出ました。 意外と知られていないようですが、生命保険も損害保険も、 地震や津波による死亡、損害については原則不担保です。 しかし、今回の東日本...

東日本大震災

東日本大震災から3日が経過しました。 週末以降、安否確認に追われている方が非常に多いことと思います。 今回の震災は、おそらくは戦後最大の災害とされることでしょう。 この不景気の中で発生した単なる連続地震というだけでなく、 津波・火災から原発...

背番号制の時代〜役所間の情報交流〜

3月に入り、管政権も来年度の予算が承認可決され、とりあえず前に進んで いる状況ですが、化石化しつつある子供手当の支給に未だこだわるなど、 稚拙さを否めません。このような状況下で着々と進んでいる流れの一つに、 国民総背番号制があります。 これ...

2011年 今年のカギ

あけましておめでとうございます。。 本年もどうぞよろしくおねがいいたします。 さて、今回のコラムでは、2011年“今年の勝負ポイント”を書き出してみます。 昨年2010年は“「物流」を制する者、強い者が勝者になる!”という話をさせて いただ...

11月は下請取引適正化推進月間です!

以前のコラムで「下請取引適正化特別推進月間」をご紹介いたしました。 あれからほぼ半年が経過しますが、11月は「下請取引適正化推進月間」 と定められています。 この「下請取引適正化推進月間」には、セミナーやシンポジウムなど様々な 取組が行われ...

事業の再建と目標設定の共通点 〜FREEがもたらす意味〜

“日本はもう何年もデフレの渦の中にいる” この言葉をよく耳にし、目にします。 このような経済の下、私どもIPBのお客様は、必ずしも順調に事業をなさっている 方ばかりではありませんが、皆さん、傷を負っても前を向き、新しい活動を展開し 前進して...

下請遅延法の違反事例が掲載されました

以前より数回に分けて、下請遅延防止法についてお伝えしてきましたが、今回は、経済産業省より、実際の違反に対する措置が発表されましたのでお知らせいたします。 該当会社;株式会社ハニーズ 業種;婦人服及び装飾雑貨の製造及び販売 違反事実 その1;...

セーフティネット貸付の金利引き下げについて

今年もお盆が終わり、秋が近づいてきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、今回は、日本政策金融公庫が取り扱っている優遇制度についてのお知らせです。 日本政策金融公庫が行っている国民生活事業のうち、下記のセーフティネット貸付におい...

取引内容についてご注意ください

前回2回のコラム(下請取引適正化特別推進月間、下請法の取締状況(平成21年度) が公表されました)の中で、資本金が1千万超5千万円以下の事業者は、 下請代金支払遅延等防止法上、取引相手によっては、親事業者・下請事業者 のどちらにも該当する場...

下請法の取締状況(平成21年度)が公表されました

前回のコラムでは、下請代金支払遅延等防止法について解説しました。 その際、相当数の企業が該当すると思われる「資本金1千万超5千万円以下」の基準において、取引相手によっては、親事業者・下請事業者のどちらにも該当する場合があるので注意が必要であ...

下請取引適正化特別推進月間

今年も約半分が終わろうとしていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 巷では、景気の底打感が出て回復基調であると報道されていますが、 中小企業にとっては、なかなか実感できない状態が続いているものと思われます。 このような中、中小企業庁は6月...

中小企業に対するリースの支払猶予について

資金の創出を行う その4で、昨年12月に施行された 「中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律」 についてご案内いたしました。 その内容は、金融機関が中小企業者から返済方法の相談を受けた際には、 事業の改善や再生の可...

セーフティネット保証の改正のお知らせ

最近になり、一部の業種には景気回復の兆し、と報じられてはいるものの、 中小企業を中心にまだ厳しい状態が続いています。 このような経済状態の中で、2009.03.30のコラムでお知らせしました セーフティネット保証制度が改正されましたので、改...

6割を大事にする

3月に入り、桜の待ち遠しい季節になりました。 3月は期末を迎えられる方も少なくないことと存じます。 さて、出口の見えない不況下にあり、悶々とした日々が続いていますが、 近頃巷で聞こえてくるのは “今までの6割の入りだよ!” “今月も4割減の...

資金の創出を行う その4

前回のコラム(資金の創出を行う その3)までで、「業況が悪化した企業は、資金の創出を行うために、売掛金の回収のタイミングを早めて支払の見直しを行い、さらなる事業に効率化を目指すことが重要になっていく」とお伝えしてまいりました。 ただ、そのよ...

『たかが』100円、『されど』100円

1月も半ばを過ぎました。年始ムードも終わり、日々の業務が流れに乗りはじめた 時期ではないでしょうか。 さて、弊社が日頃行っているコンサルティング業務の中で最近増えておりますのが、 銀行債務の返済計画を交渉するお手伝いです。 今回は、そのうち...

今年の注目キーワード

明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりありがとうございました。 本年も変わらずよろしくお願いいたします。 昨年はデフレ基調が蔓延して消費の低迷傾向が目立ちました。 その一方で、日本自体の地盤沈下も進み、国民資産に占める国...

資金の創出を行う その3

今年も残りあとわずかになりました。皆さんにとって2009年はいかがでしたでしょうか。 さて、2009.10.19のコラムにおいて、業況が悪化した企業は、資金の創出を行うために回収のタイミングを早め、支払の見直しを行い、さらなる業務の効率化を...

コミュニケーション能力(2)

 朝夕はキンと冷えた空気を感じる季節になりました。今年もあとわずかです。 年末年始には、忘年会や新年会などで、人と関わる機会が増えますよね。また、シゴトに追われる日常から離れ、久しぶりの仲間や親戚などと時間を過ごすことも多くなります。 前回...

コミュニケーション能力(1)

 「私たちコンサルタントの日頃の活動の中に、皆様の事業にも役立つようなヒントがあるかもしれない」という思いから始めた本連載――テーマとして「問題解決に向う強い意志」「チーム力」「コミュニケーション能力」に焦点をあてて、これまでに「問題解決に...

資金の創出を行う その2

 前回のコラムにおいて、業況が悪化した企業は、資金の創出を行うために回収の タイミングを早め、支払の見直しを行い、さらなる事業の効率化を目指すことが必要 になる、とお伝えしました。  今回は、このうちの“回収のタイミング早期化”の具体的な方...

相続の話〜その1〜

 弊社も今年で設立7年目を迎え、人でいえば小学校入学です。 その過程でお付き合いの機会を持てたお客さま、そして社内のスタッフも当然 同じように年を重ねました。個人的にはあっという間に30代も終わりに近づき、 つくづく時間の経過の早さを感じま...

資金の創出を行う

昨今の日本経済は、米国のサブプライムローン問題に端を発した大手証券会社の破綻により、金融市場や株式市場が悪化し、企業の雇用の削減や個人消費の伸び悩みから景気が減速しております。最近では大手企業を中心に回復の兆しが見えてきたとの報道も見られま...

機能期のチームとまとめ

私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた連載の7回目です。 ここ数回にわたっては「チーム力」について、タックマンのチームビルディングモデルからご紹介してきました。前回で、チームの統一期まで進みました。 ...

中小企業施策〜その9〜 セーフティネット・再生融資 その5

今まで日本政策金融公庫や信用保証協会の融資制度をご案内いたしましたが、今回は 各自治体が行っている融資のあっせん制度を行っています。 どのような制度かと申しますと、各自治体によってあっせん書の交付を受けた企業が、 自治体と契約している金融機...

統一期のチーム

私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた連載の6回目です。 前回は、私たちが日頃重要性を感じているテーマのうちの「チーム力」について、タックマンのチームビルディングモデルから、チームの葛藤・混乱期につい...

創業時の資金調達 その5

創業時はどうしても先にお金が出ていくので、売上代金を回収するまで設立時の資本金を食い潰していくことになります。 また、昨今の景気低迷も相まって資金繰りに苦慮されている経営者の方も多いことと思います。 こうした事態に対する経済対策として、東京...

とうきょう次世代育成サポート企業のお知らせ

今回は、弊社が7月1日をもちまして東京都が行っている「とうきょう次世代育成サポート企業」に登録されましたので、同制度についてご案内いたします。 この制度は、近年、夫婦の共働きが増加している社会で、従業員に対して仕事と子育てを両立させて働きや...

葛藤・混乱期のチーム

私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた連載の5回目です。 前回は、私たちが日頃重要性を感じているテーマのうちの「チーム力」について、タックマンのチームビルディングモデルから、チームの形成段階について、...

中小企業施策〜その9〜 セーフティネット・再生融資 その4

最近になって景気の底打ち感は出てきていますが、まだまだ本格的な景気回復までには 時間がかかりそうな状況です。 今回は、最近特に需要が高まっている、信用保証協会が行うセーフティネット保証制度を ご紹介いたします。 セーフティネット保証制度とは...

創業時の資金調達 その4

 今回は資金繰りのリスクに早く気付くためにはどうすべきか?ということについて 触れたいと思います。  資金ショートなどの資金的リスクを早く察知するには、財務管理をきちんとしなくては いけません。ここにいう「きちんと」とはスピード化と状況の把...

チーム形成 〜自己紹介〜

私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた連載の4回目です。 前回は、私たちが日頃重要性を感じているテーマのうちの「チーム力」について、タックマンのチームビルディンモデルをご紹介してチームにも成長段階があ...

中小企業施策〜その8〜 セーフティネット・再生融資 その3

今回は、日本政策金融公庫が行っている中小企業向けセーフティネット・再生融資のご紹介第3弾です。 今回、ご紹介いたします融資制度は、「取引企業倒産対応資金」です。 近年、経済状況の悪化により企業の倒産等のニュースが相次いでおり、以下のような状...

創業時の資金調達 その3

 今回は、前回お約束した事業計画書についてご説明いたします。  事業計画書とは、貸したものをきちんと返してくれそうかどうかを判断するための資料の 1つであり、今後の事業を進めていく上で決して単なる予想ではなく、基本的には達成し なければなら...

チーム力

私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた 連載の3回目です。前回は、私たちが日頃重要性を感じているテーマのうちの 「問題解決に向かう強い意志」について紹介しました。 今回は、「チーム力」についてです。 ...

助成金 その2

年度末に予算も通過成立し、新年度早々には麻生内閣の大規模補正予算を、という 発言を受けて、にわかに動き始めた一方、景気は相変わらず底堅い状況です。 2009.02.17のコラムで助成金についてお知らせして以来、複数の会社様より お問い合わせ...

中小企業施策〜その7〜 セーフティネット・再生融資 その2

前回からセーフティネット・再生融資にスポットを当てておりますが、 今回はセーフティネット・再生融資 その2として 「金融環境変化対応資金」をご紹介いたします。 金融環境変化対応資金とは、金融機関との取引状況の変化により、 一時的に資金繰りに...

問題解決に向う強い意志

だんだんと暖かい日が増えてきました。本格的な春ももうすぐです。 私たちコンサルタントの経験を皆さまの事業に役立てていただこうという思いで始めた連載の2回目です。前回は、私たちが日常的に感じているテーマが「問題解決に向う強い意志」、「チーム力...

創業時の資金調達 その2

 前回、借入に際し大事なこととして、資金の使途や事業計画についてきちんと説明が できること、そして借入後はお金の管理(回収と支払)をきちんと行うことが大切である とお伝えしました。  そこで今回は、なぜ金融機関にきちんと説明ができるようにす...

助成金

オフィスを移転し、1ヶ月余りが経ちました。 移転の前後、特に今年に入ってから、お問い合わせをいただく内容に変化がみられます。 コラムをお読みいただいている皆様の中には同じ悩みをお持ちの方もいらっしゃること でしょう。そこで今回はその一部をご...

創業時の資金調達 その1

会社の資金を調達する方法としてはいくつかありますが、今回は借入による 場合について触れてみたいと思います。 【1】借入に際し  金融機関などへの融資の申し込みには様々な書類が必要になります。 その際よく聞かれるのが、どのようにすれば借りやす...

コンサルタントの経験をヒントに

ときどき、お客様から「そういえば、IPBってなんの会社だっけ?」と聞かれることがあります。普通ならばガッカリする言葉かもしれませんが、私たちにとってこれは褒め言葉でもあります。 私たちは、「お客様の事業の一生をサポートする」を目標に日々活動...

中小企業施策〜その6〜 セーフティネット・再生融資 その1

前回のコラムでは、このご時世に重要性の高い様々な融資制度の概略をご紹介しました。 今回から、その中の企業のセーフティネット・再生融資にスポットを当てていきます。 今回はセーフティネット・再生融資 その1として「経営環境変化対応資金」をご紹介...

中小企業施策〜その5〜 様々な融資制度について

以前にもご紹介いたしました日本政策金融公庫、信用保証協会などは、中小企業が 置かれている様々な状況に対応した融資制度を設けています。 今回はその融資制度の概要をご紹介いたします。 1.「日本政策金融公庫」の主な融資制度 A.これから起業...

中小企業施策〜その4〜 中小企業基盤整備機構のご紹介

中小企業基盤整備機構とは、中小企業者の事業活性化のために事業活動に必要な 助言、研修や資金の貸付、出資、債務の保証などを行うことを目的として設立された 独立行政法人です。 主な事内容 1.小規模企業共済制度   小規模企業の経営者が廃業や退...

激動

 平成20年、サブプライムローンから始まった金融不安に端を発した近時の 経済情勢は、バブル崩壊以来の話としてマスメディアを含めてさまざまな視点 で論じられているようです。たしかに、この4月から9月の間の帝国データバ ンクで掲載された倒産件数...

中小企業施策〜その3〜 信用保証制度のご紹介

信用保証制度とは、信用保証協会が中小企業が金融機関から融資を受ける際に、資金調達を行いやすくするために、中小企業から一定の保証料を徴収して債務保証を行ってくれる制度です。 万が一、中小企業が借入金の返済に困難になった際には、信用保証協会が代...

中小企業施策〜その2〜 主な政府系中小企業金融機関のご紹介

今回は中小企業の規模や成長度合に応じて、様々な仕組みで資金供給を行う政府系金融機関のうち、主要な3機関をご紹介いたします。サブプライムローン問題の後、民間金融機関による中小企業向け融資が厳しくなる傾向がある中、十分に利用する価値があると考え...

中小企業施策〜その1〜 中小企業施策をご紹介するにあたって

今回より中小企業に対する施策の概要を毎回一つずつご紹介していきます。 ご参考にしていただき、会社経営に役立てていただければ幸いです。 平成20年10月1日より、皆様にもなじみ深い「国民生活金融公庫」と「中小企業金融公庫」が統合し、全額政府出...

経営分析指標 〜その13〜

昨年2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の...

経営分析指標 〜その12〜

昨年2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の...

経営分析指標 〜その11〜

昨年2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の...

経営分析指標 〜その10〜

昨年2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の...

経営危機管理のすすめ

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。 本年もチームIPB、一丸となって皆様の発展、成長に少しでもお役に立てるよう努めてまいります。 ご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 昨年暮れ頃から...

経営分析指標 〜その9〜

今年2月からスタートした経営分析指標の9回目をご紹介いたします。 今までご紹介してきました分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向がだいぶ把握できていることでしょう。 今回は「1人当たり売上高」です。以下の資料をお手元にご準備...

経営分析指標 〜その8〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

経営分析指標 〜その7〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

経営分析指標 〜その6〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

経営分析指標 〜その5〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。 ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

経営分析指標 〜その4〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

時間は買おうと思えば買えるか?

平成19年3月31日をもって、独立開業して丸10年が経過しました。この間、お客様をはじめとするさまざまな分野の皆様のご支援をいただき、今まで走ってくることができました。この場を借りて心より御礼申し上げます。 この10年間を振り返ると、特定の...

経営分析指標 〜その3〜

2月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

経営分析指標 〜その2〜

先月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つのペースで、ご紹介・解説しております。ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと、会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひ...

ロゴマークの持つ意味

このトピックスの定期更新をはじめてから既に半年以上が経過しました。時には更新の間隔が空いてしまい反省することも多いのですが、いつも私たちに力を下さるのは「今回のトピックスは面白かった」「こんな視点のトピックスを期待する」などの皆様からのご意...

経営分析指標 〜その1〜

今月から決算書等を使用して、簡単に会社の経営判断が出来る重要な経営分析指標を毎月一つずつ、ご紹介・解説してまいります。ご紹介する分析指標を参考に年次別に比較していただくと会社の傾向が把握できますので、以下の資料をお手元にご準備の上ぜひお試し...

念ずれば叶う

2006.12.11 念ずれば叶う 「念ずれば叶う」 今年は私たちIPBグループにとって念じていたことが叶った一年でした。会社の移転、新グループ会社立ち上げ、新しい業務スタイルの導入、若手スタッフの増員。そのほとんどが、とっさに思...

会社法改正の目玉の影響〜取締役の任期

今回の会社法の制定によって、株式会社では機関設計がかなりバリエーションが増え、その実態やコストに合わせて設計することができるようになりました。その中でも、取締役の任期は2年または1年ということだったのが、最長10年まで、しかも取締役会を設置...

会社移転をして変わったこと

弊社は7月1日に虎ノ門5丁目から虎ノ門3丁目の現オフィスに移転しました。 移転して2週間。今回は、移転をすることによる人事面の効果を考えてみました。 今回の移転は、それまでと大きく違い、スタッフ主導で進みました。マネジメントサイドが行ったの...

会社法に変わって巷で変わったこと

会社法が施行されて2ヶ月が経過しました。3月決算法人も定時株主総会を終えて会社法改正対応のような改定が多く見られます。また新設会社は特別な理由がなければすべて「株式会社」として設立されていますが、それでも有限会社から株式会社へ変わる会社はま...

アーカイブ