トップページニュース>年末調整のご準備をお願いします

ニュース一覧

年末調整のご準備をお願いします

今年も年末調整の時期がやってまいりました。
すでに皆さまのお手元には保険会社や役所から書類が届き始めていることと
思います。今年の年末調整のポイント・変更点を以下にお知らせいたします。

◆今年の年末調整のポイント

1.通勤手当の非課税限度額の引き上げ
  平成28年1月1日以後に支払われるべき通勤手当の非課税限度額が
  10万円から15万円に引き上げられました。
  平成28年4月にこの改正があったため、それ以前に支払われた通勤手当
  については、給与支給時に改正前(最高限度額10万円)の規定で源泉徴収
  が行われています。改正後(最高限度額15万円)の規定を適用した場合、
  過納となる税額は年末調整の際に精算する必要があります。

2.国外に居住する親族に係る扶養控除等の適用
  平成28年1月1日以後に支払われる給与等の源泉徴収または年末調整に
  おいて非居住者である親族に係る扶養控除等の控除の適用を受ける場合
  には、「親族関係書類」及び「送金関係書類」を会社に提出または提示をする
  必要があります。

3.年末調整関係書類に係るマイナンバーの記載について
 (1)平成28年の注意事項
  平成28年分以後の給与所得の源泉徴収票には支払いを受ける方の
  マイナンバーが必要になります。平成27年中に平成28年分の給与所得者
  の扶養控除等申告書の提出を受けた場合、未記載で提出を受けた方も多い
  と思います。その場合には、源泉徴収票の作成時までにマイナンバーの提供
  を受ける必要がありますのでお早めにご確認ください。
  なお、税務署・市区町村に提出する源泉徴収票には支払を受ける方のマイ
  ナンバーの記載が必要ですが、本人に交付する源泉徴収票にはマイナンバー
  の記載は不要です。
  そして、平成28年の税制改正により、平成28年4月1日以降に提出される
  下記の書類についてはマイナンバーの記載が不要になりました。
  
  ゝ詬申蠧声圓諒欷盈噌欺申告書
  給与所得者の配偶者特別控除申告書
  5詬申蠧声圓痢米団蠢改築等)住宅借入金等特別控除申告書

  また、給与所得の源泉徴収票の様式がA6版からA5版に変わり、A6版の様式
  は使用できませんのでご注意ください。

 (2)平成29年の変更事項
  平成29年1月1日以後に支払を受けるべき給与等について、給与支払者が
  提出者本人、扶養控除配偶者や親族分のマイナンバーを記載した帳簿を備え
  ている場合には、平成29年分給与所得者の扶養控除申告書にマイナンバー
  の記載が不要になりました。

  マイナンバー制度に関して国税庁では特設サイトが設けられていますので、詳細
  は下記のURLからご確認ください。
  http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/jyoho.htm

 

4.平成25年1月から徴収がはじまった復興特別所得税が今年も継続
  毎月の給与・賞与等から復興特別所得税が所得税の源泉徴収の際に併せて徴収
  されています。今回の年末調整でも昨年同様、所得税及び復興特別所得税の合計
  額で税額の計算を行います。
  去年の年末調整時にもお知らせしましたが、昨年に引き続き年末調整の際に復興
  特別所得税の計算が漏れるケースが多いようですのでご注意ください。
  そして皆様のお手元に届き始めている生命保険や地震保険の控除証明書は、年末
  調整の手続に必要ですので、大切に保管しておき、会社から指示があった際に提出
  できるように準備をしておきましょう。
  担当者の方は、従業員へ年末調整のアナウンスを行ってください。

  尚、このページから年末調整に必要な書類や用紙の書き方をご説明したサイトに
  アクセスできますので、ご活用ください。


◆年末調整 申告書記載例

  ◇H28 扶養控除申告書記載ポイント

  ◇H28 保険料控除・配偶者控除申告書記載ポイント

  ◇H28 住宅借入金等特別控除申告書の記載例

  ◇H29 扶養控除申告書記載ポイント


◆年末調整 申告書用紙 H28

  ◇H28 扶養控除等申告書

  ◇H29 扶養控除等申告書

  ◇H28 保険料控除・配偶者控除申告書


弊社に、年末調整業務をご依頼いただいているお客さまにつきましては、別途ご案内
の上、業務を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。