トップページニュース>年末調整のご準備をお願いします

ニュース一覧

年末調整のご準備をお願いします

今年も残すところあと僅かとなり、年末調整の時期となりました。
皆さまのお手元にも書類が届き始めた頃かと思います。
毎年のことではありますが、年末調整の手続について今年の変更点など
以下にお知らせいたします。

◆今年の年末調整のポイント

1.給与所得控除額の改正
  平成29年度分の所得税の計算において、給与収入1,000万円超の場合の
  給与所得控除額が上限220万円となりました。
  この改正に伴い、「給与所得の源泉徴収税額表」、「賞与に対する源泉
  徴収額の算出率の表」が改正されています。
  年末調整の際には、「平成29年度分の年末調整等のための給与所得
  控除後の給与等の金額の表」をご使用ください。

2.復興特別所得税の計算
  昨年もお知らせしましたが、平成25年1月1日から平成49年12月31日まで、
  毎月の給与・賞与等から復興特別所得税が徴収されています。
  年末調整において年税額を計算する際、所得税及び復興特別所得税の
  計算もお忘れなく。

  <注意>
  平成24年度以前の源泉徴収簿や、復興特別所得税に対応していない
  給与計算ソフトを使用している際は、復興特別所得税の徴収漏れの原因と
  なりますので注意してください。

3.給与支払事務所等の移転届出書に関する改正
  今までは移転前と移転後の管轄税務署の両方に提出する必要がありましたが、
  移転後、給与支払事務所等の所在地の所轄税務署長への「給与支払事務所等
  の移届出書」提出が不要となりました。
  平成29年4月1日以後の移転に係る当該届出書については、移転前の
  給与支払事務所等の所在地の所轄税務署長へのみ提出してください。

◆平成30年からの変更点

 ※以下は、平成30年分の給与の源泉徴収事務の開始にあたり必要な事柄に
  なります。今年の年末調整手続等については、以下記載の改正による影響は
  ありませんのでご注意ください。

4.配偶者控除及び配偶者特別控除に関する改正
  配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ平成30年よりの所得税に
  配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が変更になります。

  (1)配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額の改正
   ’朸者控除の控除額が改正され、給与所得者の合計所得金額が1,000万円
    を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができなくなります。

   配偶者特別控除の控除額が改正され、対象となる配偶者の合計所得金額が
    38万円超123万円以下となります。

  (2)配偶者に係る扶養親族等の数の算定方法の変更
   源泉徴収税額表の甲欄を使用して給与等に対する源泉徴収税額を求める際、
   配偶者が源泉控除対象配偶者に該当する場合には、扶養親族等の数に
   1人を加えて計算することとなります。
   また、同一生計配偶者が障害者に該当する場合、扶養親族等の数に1人を
   加えて計算することになります。

  <注意>
   平成30年1月の源泉徴収から係ってきますのでお間違えのないようご注意
  ください。

  (3)給与所得者の扶養控除等申告書等の様式変更等
  「給与所得者の配偶者特別控除申告書」が「給与所得者の配偶者控除等
  申告書」に改められたことから、配偶者控除又は配偶者特別控除の適用を
  受けようとする給与所得者は、その年の年末調整の時までに給与等の支払者に
  当該申告書を提出する必要がございます。
 
  また、上記(1)及び(2)の改正に伴い、以下の申告書についても記載事項の
  見直しが行われています。
   a.給与所得者の扶養控除等申告書
   b.公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
   c.従たる給与についての扶養控除等申告書

  「配偶者控除及び配偶者特別控除に関する改正」については、下記リンク
  にも記載されていますので併せてご参照ください。

◇配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しに関するFAQ



 このページから年末調整に必要な書類や用紙の書き方について記載されて
 いるサイトにアクセスできますので、ご活用ください。

◆年末調整 申告書記入例
 
 ◇H29 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書 記載例

 ◇H29 給与所得者の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除申告書 記載例

 ◇H30 扶養控除等申告書 記載例


◆年末調整 申告書用紙

 ◇H29 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

 ◇H29 給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書

 ◇H30 扶養控除等(異動)申告書



弊社に、年末調整業務をご依頼いただいているお客さまにつきましては別途ご案内
の上、業務を進めてまいりますので、よろしくお願いいたします。