トップページニュース>年末調整が大きく変わりました

ニュース一覧

年末調整が大きく変わりました

今年も年末調整の時期となり、皆さまのお手元にも書類が届き始めていることと
思います。年末調整は毎年のことではありますが、今年は大きな変更がありました
ので、変更点をお知らせいたします。詳細は以下の国税庁のサイトにてご確認下さい。

年末調整2020年 昨年と比べて変わった点


◆今年の年末調整のポイント

1.給与所得控除に関する改正

 年末調整等のための給与所得控除額後の給与等の金額の表が改正されました。


2.基礎控除及び所得金額調整控除に関する改正

 2-1.基礎控除の改正
    基礎控除額の表が改正され、合計所得金額が2,500万円を超える所得者に
    ついては、基礎控除の適用を受けることができなくなりました。
 
 2-2.子ども・特別障害者等を有する者等の所得金額調整控除の創設
    その年の給与の収入金額が850万円を超える所得者で、特別障害者等を
    有する人の総所得金額を計算する場合の控除が創設されました。

 2-3.「給与所得者の基礎控除申告書」及び「所得金額調整控除申告書」の新設
    新設にあたり、その年最後に給与の支払を受ける日の前日までに給与の
    支払者にどちらかの申告書を提出しなければならなくなりました。

 2-4.源泉徴収簿の様式変更


3.各種所得控除等を受けるための扶養親族等の合計所得金額要件等の改正

 合計所得金額要件がそれぞれ10万円引き上げられました。


4.ひとり親控除及び寡婦(寡夫)控除に関する改正

 4-1.未婚のひとり親に対する税制上の措置
    所得者がひとり親である場合には、ひとり親控除として、その人のその年
    分の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から35万円を控除す
    ることになりました。

 4-2.寡婦(寡夫)控除の見直し
    寡婦の要件について見直しが行われ、寡婦(寡夫)控除がひとり親に該当
    しない寡婦に係る寡婦控除に改組されました。
 

 4-3.令和2年分の年末調整の際の申告
    改正前の「寡婦(特別の寡婦を除く)」に該当する人が、適用判定の結果
    「寡婦」に該当する場合において、その人と生計を一にする子を有する
    ときは、「ひとり親」(控除額:35万円)に該当し、年末調整の際にその
    異動内容について申告する必要があります。

 4-4.令和2年分の源泉徴収簿の記載


5.年末調整関係手続きの電子化

 令和2年10月1日以後に提出する年末調整関係書類について適用されます。

◆年末調整各種申請書・記載例


◆年末調整を受ける際の注意事項



*ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
03-3580-8711 加藤